Event

【終了】多文化交流フェスティバル11/4 Finish Multicultural Exchange Festival

投稿日:

とてもユニークなインドア・フェスティバルが終了しました。いくつかの大使館が集まってステージ中心のフェスは初めて。お客様も交流を楽しみにいらっしゃるので、もっと多くのパキスタン人に参加して頂けばよかった、ステージにも参加できればよかったと思いました。
Very unique indoor festival organized some Embassy, mainly stage performance. Hope more Pakistani join and have stage performance as well.
初参加。世界の国のステージを楽しみにたくさんの方がいらっしゃっていて驚きました。とにかく愛国心を垣間見てグローバルフェスタ以上にスモールワールドを感じ、交流を楽しみました。ジャスミンは学校プロジェクトに参加しているはちみつやアプリコットオイル、ピンク&ブラックソルトを中心にご紹介し、世界の子供達への学校の必要性をいっぱい話しました。

  ①ユニークなところ 

四谷区民ホールで世界各国、盛大なステージパフォーマンス


ブースエリアでもパフォーマンス、観客の中を回り大いに笑いを誘いました

 

 ② 各国趣向を凝らして国をアッピール・・面白い 

ジャスミンは2人での対応になってしまい、あちこち見られませんでしたが、目の前の韓国が派手!チマチョゴリ体験&写真が大人気でした。普段できないことで交流がまた面白い・・

 ③各ブースを周りご挨拶 

各国の言語でのあいさつ!入場と共に渡されるパスポート。各国のご挨拶の言葉が書いてあります。
パキスタンブースに来て「アッサラーム・アライクム(السلام عليكم)」あなたの上に平安を・平和や神様のご加護の話をちょっと追加。
隣のベナンでは「ボンジュール (bonjou)」前の韓国では 안녕하세요? 「アンニョンハセヨ」・・
でも・・パキスタン人から、ムスリムからご挨拶や説明をしてほしかったです。パキスタン人の愛国心、本当はとても豊かなんですが、フェスへの参加は少ないようです。もっと情報提供しなければなりません。

 ④地震など災害に対する心構えを英語で案内  これは親切かつ必要!四谷文化センターは新宿御苑の目の前、そして10階でのフェスティバル!外国人に役立つ情報はモット発信したいですね

 ⑤そしてジャスミンのブース  熱心に学校プロジェクトに耳を傾けてパキスタンの教育を熱心に質問してくれました

 Welcome to Pakistan 

フェスティバルに参加する目的はあくまで愛するパキスタンのご紹介。パキスタンを知って、パキスタンに興味を持ってもらいたい・・それだけです。
学校プロジェクトから教育の話にも花が咲きます。そのための自家はちみつ農園の話や手作りアプリコットの話。食の話。パキスタンは南アジアの一員なのに知らない日本人が多すぎます。
果ては戦後補償を辞退して、高度成長を助けてくれた原綿供給の話に及ぶこともあります。

そんな友情の国パキスタンを今後もご紹介していきます!!!

-Event
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© NPO Pakistan Japan Jasmine Association , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。